トップ

しわアンチエイジング

アンチエイジングマリオネット線

マリオネットラインができる原因

マリオネットラインという言葉を聞かれたことがありますか。マリオネットとは腹話術に用いられる人形のこと。マリオネットの口の横に、口を動かすための線があります。その線と似ていることから、唇の両脇からあごにかけて伸びる2本の線は「マリオネットライン」と呼ばれています。

40代を超えて年齢を重ねるにつれて気になってくるマリオネットライン。ほうれい線と繋がってできることから二重ほうれい線という呼ばれ方をすることもあります。マリオネットラインができる原因とは一体何でしょうか。アンチエイジング改善の化粧品ならこのサイトが情報たっぷりでおすすめです。

マリオネットラインは単なるシワではありません。それができるには幾つかの原因が関係しているのです。まず頬の皮膚や筋肉が衰えることによって頬の脂肪がたるむことが一つの原因となります。

そして、二つ目の原因は口元から首にかけて広がっている広頸筋(こうけいきん)がたるむこと。

三つ目の原因は口角を下げる時に使われる口角下制筋(こうかくかせいきん)が縮んだり、硬くなったりすること。これらの複数の原因が組み合わさることで唇の両脇に深い溝としてマリオネットラインは現れます。

マリオネットラインは、ほうれい線と同様にその存在によって、見た目年齢を大きく引き上げてしまいます。初期の場合であれば、マッサージや筋肉のトレーニングなどの自宅でのセルフケアを習慣にすることで改善させることができますが、溝が深く刻まれている場合は、クリニックでの治療が効果的です。クリニックで治療を受ける場合に、未熟なドクターが施術した時に、症状を悪化させてしまったという事例があるため、ドクター選びは慎重に行い、解剖を熟知した熟練したドクターを選ぶようにしましょう。

Copyright © アンチエイジングマリオネット線. All rights reserved.