トップ / マリオネットラインができやすい

しわアンチエイジング

マリオネットラインができやすい

マリオネットラインの特徴

腹話術に使われる人形、マリオネットの口元に似ているという事から「マリオネットライン」と呼ばれる唇の両脇に現れる縦に伸びる溝。実は、生まれつきの顔の作りの特徴から、マリオネットラインができやすい人がいると言うのです。では、どのような顔の人はマリオネットラインができやすいのでしょうか。

まず挙げられる条件は、鼻と口の間隔が狭い人。そして、口角が下がっている人。これは、あまり笑い人や無表情な人、いつも口を「へ」の字に曲げている人、あまり話さない人とも言われます。表情が乏しいとそれだけ顔の筋肉を使わないため、筋肉がもとから発達しておらず、衰えやすいのかもしれません。

さらに、あごが細かったり、あごの下の中央のふくらみが大きかったりする人、食事の時によく噛まないで食べる人、噛み合わせが悪い人、猫背の人もマリオネットラインができやすいと言われています。幾つかの特徴を挙げましたが、当てはまっている特徴はありましたか。もし幾つかの特徴が自分の顔の作りに当てはまるという方は、マリオネットラインが現れないため、また消すために早めのアンチエイジング対策を取って、いつも若々しい見た目を保つようにしましょう。

逆にマリオネットラインができにくい顔の作りの特徴もあり、鼻と口の間隔が広い、口角が上がっている、表情が豊か、あごがしっかりしているといったもので。しかし、マリオネットラインができにくいからといって油断は禁物です。柔らかいものばかりを好んで食べるのではなく、固いものもよく噛んで食べることを意識しましょう。また、片方の歯ばかりを使って食べることも良くありません。食べる時は左右の歯をバランスよく使って噛むことが大切と言えます。

Copyright © アンチエイジングマリオネット線. All rights reserved.